<   2012年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今年一年大変お世話になりました♪


今日は大晦日 年の〆はシメでいきたいと毎年思うのですが
残念ながら今年もシメとの良い出会いがありませんでした。

そこで先日念願であったヤマドリが初撮り出来ましたので
ヤマドリ君で〆ることと致します。
実のところ、ヤマドリは見れたらいいな、でも多分見れないだろう
それなら小鳥の方が見れる確率が高いのでとテレコンつけたままで
いたので、ヤマドリが目前に現われた時はそれはもうビックリ・・・
というような状況で、ヤマドリの全身が入らず大失敗の巻き!

前置きが長くなりましたが フィールドでお世話になった皆さん、またこのブログを
見て下っている皆さん、今年一年大変お世話になりました。
今年もいろいろありましたが、お陰さまで野鳥撮影を楽しく続けることができました。
来年もまた『晴撮雨録』で野鳥撮影を楽しんでいきたいと思います。

本当に、今年一年有難うございました。皆さま、良いお年をお迎え下さい。
e0156403_18274150.jpg
e0156403_1828851.jpg


お知らせ
当ブログもおかげさまで5年目に入り、画像容量もリミットに近づいてきました。
また、今秋改訂された日本鳥類目録(第七版)への対応と、昨年から昆虫写真
も始めましたので、新年より『マッシーの四季折々Ⅱ』としてリニューアルして
スタートすることとします。
つきましては、引き続き『マッシーの四季折々Ⅱ』を宜しくお願いいたします。
URL : http://massie2013.exblog.jp/

  
[PR]
by massie2008 | 2012-12-31 21:30 | 鳥:キジ科

ヤマセミ


ヤマセミといえばブラインドの中からというイメージだが
ここでは普通に見ることができる
ただ、人工物に囲まれての撮影になるが・・・
e0156403_21541978.jpg
e0156403_21543259.jpg

水きり??
e0156403_2155330.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-12-30 21:54 | 鳥:カワセミ科

キクイタダキ


今年はキクイタダキの当たり年のような感じで
あちこちの公園で見られているようです

日本では一番小さく、すばしこくって手強い鳥さんです
e0156403_16062.jpg
e0156403_15595319.jpg

もう少しじっとしていてくれたら
もっと綺麗に撮ってあげるのにね・・・・

[PR]
by massie2008 | 2012-12-29 16:04 | 鳥:ウグイス科

エリマキシギとオジロトウネン


ライファーという訳ではないが、なかなか縁がなくブログ初登場
年末も押し詰まって来たので在庫整理しています
e0156403_15525459.jpg
e0156403_15535623.jpg

こちらオジロトウネンもブログ初登場
e0156403_15545999.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-12-28 15:56 | 鳥:シギ科

多勢に無勢


ノスリ vs カラス
1対1ではどっちが強いのだろう?
e0156403_17212753.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-12-24 17:21 | 鳥:タカ科

お初のメジロガモ


虹彩が白いカモといえばメジロガモとアカハジロだとか
両方とも未見であったが、メジロガモが
都市公園の池に入っていると聞いて見てきました

メジロガモのオス幼鳥だとか
e0156403_19172466.jpg
e0156403_19181072.jpg

ホシハジロより少し小さく見えた
e0156403_19184317.jpg

この池で越冬するようであれば要フォローですね!

[PR]
by massie2008 | 2012-12-22 19:23 | 鳥:カモ科

ミヤマホウジロ


ブログにアップするのは2年振り!
今季も何とか会えたという里山での記録ですね
e0156403_1712598.jpg
e0156403_17123844.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-12-21 17:14 | 鳥:ホオジロ科

ルリビタキ


まだ紅葉が少し残っていた頃の画像
自然の公園では背景が良いところなどにとまってくれるのは稀
e0156403_5442924.jpg
e0156403_545518.jpg
e0156403_544463.jpg

こちらが一人だけだとまあまあのところにとまってくれたわ
これで良しとしなければ・・・

[PR]
by massie2008 | 2012-12-19 05:48 | 鳥:ツグミ科

亜種ダイサギ(オオダイサギ)


先般クロツラヘラサギやヨロネンを見ていた時
オオダイサキが3羽ほどいるよと教えてもらって
よく分からないままとにかく図体がでかいのを撮っておいた

鳥観を始めたころオオダイサギの存在は聞いていたが
それ以降忘れられた存在になっていたもので・・・

多分、左がオオダイサギ、右が亜種チュウダイサギ
e0156403_16535680.jpg

左がオオダイサギ、右がアオサギ
e0156403_165505.jpg

これは亜種チュウダイサギでいいのかな?
e0156403_1723765.jpg


ダイサギについて混乱しているので
『徒然野鳥記ーダイサギ』から一部引用させて頂きました。

実はこの鳥、一年中水辺の同一場所にとどまっているように見えますが
二つの亜種が同一場所に交代に出現し、それがよく似ているため、
ずっとその場に留まっている「留鳥」と間違われることが多いようです。

日本で繁殖する集団は、夏鳥として春に飛来し、繁殖期(4~6月)を終え
冬になると南方に移動します。ただ、その一部はそのままとどまることもあるようです。
この集団は、亜種チュウダイサギと呼ばれます。

このチュウダイサギより大きい、特徴の酷似した集団がシベリアなどの北方から
冬鳥として渡来します。この集団を、亜種ダイサギ、もしくはオオダイサギと呼んでいます。


へぇ~、そうなんだ!
コサギにチュウサギ、チュウダイサギにオオダイサギと
シラサギの仲間もなかなか奥深いものがありますね
これからはダイサギを見ても、何だダイサギかで済まさないで
チュウダイサギなのかオオダイサギなのか見極めていきたいと思います

[PR]
by massie2008 | 2012-12-14 17:25 | 鳥:サギ科

コウノトリとクロツラヘラサギ


コウノトリとクロツラヘラサギのツーショット狙い

広大な干潟の中央部付近にいてとても遠い
最初は互いに離れて採餌していたが、ようやくクロスオーバーして
念願のツーショッとが撮れた
この池でコウノトリを見たのは初めてで何とか間に合った
e0156403_5421489.jpg
e0156403_542779.jpg

先輩方は近くでとても綺麗にツーショットを撮られていて羨ましい限り

クロツラヘラサギは長期間滞在しているようで
人が少ないときには近くまで来ることがあるようです
この時もとても近くに寄って来たのですが
散歩の人がフェンスから顔を覗かせると
また遠い位置に飛んで行ってしまいました
チャンスだったのに残念也!
e0156403_5504574.jpg

日差しがなくてとても寒いです

[PR]
by massie2008 | 2012-12-12 06:30 | 鳥:コウノトリ科