<   2012年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧

広角系レンズで昆虫にチャレンジ


今までは50ミリマクロレンズの最短距離近くで虫を撮ってきたが
撮影の幅を広げるべく広角系レンズによる撮影にチャレンジしてみた
(魚眼8ミリ+1.4倍テレコン使用)
e0156403_7124747.jpg
e0156403_7125221.jpg

こちらが今までの50ミリマクロのもの
e0156403_7133899.jpg
e0156403_7134113.jpg

個人的にはどうしてもマクロの方が安心感がある
ご覧になった皆さんはどちらがお好みでしょうか?


[PR]
by massie2008 | 2012-07-31 07:19 | その他

二度目のブッポウソウ


猛暑の中ブッポウソウ撮りにご一緒させて頂いた

クーラーの吹き出し口にカメラ一式置いていたので
車から取り出すなり全面結露
そのせいかどうか、ピントがなかなか決まらない!
身体も機材も猛暑で、もうボロボロだわ
e0156403_4435228.jpg
e0156403_4441050.jpg
e0156403_4442719.jpg
e0156403_4444321.jpg

真っ逆さまに落下?
e0156403_4463045.jpg

半年ぶりにデジスコも持ち出してみたが、SSが上がらず惨敗

そろそろ巣立ちしているころだな
来年はもっとピシッと決めたいものだが
(毎回思っていながら進歩が見られないこの頃)

[PR]
by massie2008 | 2012-07-30 04:50 | 鳥:ブッポウソウ科

アオバズク


アオバズクの巣立ちがあちこちで報告されている
夏鳥の旬のものだから、一度は見ておかなくてはと出掛けたが
天候も、雛同士の並びもいまいちだった
皆さんの画像をみたら2日後が最高に良かったようだ

アオバズクを初見のころは、何か所もハシゴをしたものだが
最近は連チャンで出かける気力がないなぁ~
恒例のポーズ
e0156403_11262819.jpg

モコモコ感も少し少ない感じがする
e0156403_1128307.jpg
e0156403_11284042.jpg

親(父親?)は上の方で監視中でした
e0156403_11293841.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-07-21 11:31 | 鳥:フクロウ科

ハンミョウの仲間


公園の地道を歩いていたらハンミョウに似た行動をとる虫がいた
大きさはハンミョウの半分くらいで、地味な色彩だがなかなか綺麗だ
身体の色が銅鋼色で、前翔の中央近くに黒っぽい斑紋が一対あるので
コハンミョウ だと思います
e0156403_1222430.jpg

こちらはニワハンミョウ、大きさはハンミョウとほぼ同じ
e0156403_12232739.jpg

これでハンミョウの仲間が3種類揃いました

[PR]
by massie2008 | 2012-07-20 12:26 | その他

アシグロツユムシの幼虫だ!


オトシブミを見つけた近くで、異様な昆虫発見
体長5ミリ程度、長い触角と後肢の持ち主
WEBで調べてみたらアシグロツユムシの幼虫の様だ
フラッシュを使ったら瞬間顔をそむけたのには驚いた
e0156403_4281518.jpg
e0156403_428275.jpg

少し間をとって見に来たら、ハエの仲間をつかまえて食事中だった
e0156403_4304828.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-07-19 04:35 | その他

ヒメクロオトシブミ


手持ちの図鑑でゾウムシの次に並んでいるのがオトシブミの仲間
いつか見てみたいと、ゾウムシを探していてやっと見つけました
クヌギ(?)の葉の上でもそもそしていた2頭
体長4ミリ程度の小さな昆虫
今までは多分気がつかなかっただけでしょうね
e0156403_4525748.jpg
e0156403_4524635.jpg
e0156403_4531532.jpg

オトシブミの名前の由来を調べてみたら、なかなかこれが優雅

直接渡せない手紙(恋文、密書など)をわざと気付くように落として
渡すことを「落し文」と言ったそうですが
オトシブミは植物の葉を切って巻いて「揺らん(ゆりかご)」を作り
その中に卵を産み、幼虫を育てます
作った「揺らん」を切り落とす種類もいて、その姿が昔の「落し文」を
思わせることから、オトシブミと名付けられたそうです

今まで地面に落ちている「揺らん」を何とも思わず見過ごしていたが
やはりそれなりの意味があるもんですね

オトシブミはファーブル昆虫記7巻に載っているそうな

[PR]
by massie2008 | 2012-07-18 05:11 | その他

姿のブッポウソウ


声のブッポウソウは↓のコノハズクだが、これは姿のブッポウソウ
雛が孵った直後のようで、エサ運びに忙しそうだった
e0156403_8292156.jpg
e0156403_8295971.jpg
e0156403_830354.jpg

巣箱からの飛出し
e0156403_8313096.jpg

脚に青色のリングが見える
この場所で生まれ、成長した個体だろうか?

巣箱の穴の正面、山の上から警戒を怠らない
e0156403_8343558.jpg


仏法僧 翼の紋の 翔けて見ゆ  (水原秋桜子)

      
[PR]
by massie2008 | 2012-07-17 08:36 | 鳥:ブッポウソウ科

ゾウムシ3種類


オジロアシナガゾウムシに再会、最接近!
こんな体型ですが、甲虫の仲間ですから敏捷に飛びます
まさに、空飛ぶゾウ 『ダンボ』を連想してしまいます
e0156403_4441778.jpg

ノアザミの花で良く見られたゴボウゾウムシ
虫コミュで名前を教えて頂いた(既出)
e0156403_4485331.jpg

こちらは上記2種より一回り大きいハスジカツオゾウムシ
大きいと言っても高々10mmを超える程度
e0156403_452488.jpg

野鳥でもそうだがその個体の名前が分かるとホッとする

そして、虫の大体の大きさを知るのに1円玉と比較するテクを教わった
1円玉は、直径2cm、重量1g 
へぇ~、2cmもあるんだ~と、目からうろこでした!

[PR]
by massie2008 | 2012-07-16 04:59 | その他

赤色型コノハズク


勿論、初見・初撮りです~

昨年の7月末、こっちの都合にあわせて立ち寄ってみたら
ちょうど1日違いで擦れ違いだった
前日には巣立ち雛を連れてギャラリーに大サービスし
そして、雛たちを連れて山奥へ移動したとのこと
野鳥が人様のスケジュールに合わせて行動してくれる訳がないわな

が、今回はあっけなくポイントに着くなり見られた
先着のカメラマンのレンズの方向をみて場所を確認
e0156403_5212852.jpg
e0156403_521376.jpg

昨年のリベンジ(?)が早々に果たせて満足♪
次のアカショウビンに心奪われてコノハズクはお終い!

[PR]
by massie2008 | 2012-07-15 05:28 | 鳥:フクロウ科

アカショウビン その2


初撮りの感動がまだ続いています
e0156403_1034207.jpg
e0156403_10343318.jpg
e0156403_10344833.jpg

画質とSS、ISOとのトレードオフ、そして連写速度で中途半端
やはりとまりものが無難!
e0156403_10371993.jpg

これで、日本で見られるブッポウソウ目カワセミ科の鳥
カワセミ、ヤマセミ、アカショウビンが揃った

他、旅鳥のヤマショウビン、迷鳥といわれるアオショウビン
ナンヨウショウビンはいずれ機会があれば見てみたい
(アオショウビンはMYSで一度見たが・・・)

[PR]
by massie2008 | 2012-07-14 10:56 | 鳥:カワセミ科