カテゴリ:鳥:フクロウ科( 7 )

アオバズク


アオバズクの巣立ちがあちこちで報告されている
夏鳥の旬のものだから、一度は見ておかなくてはと出掛けたが
天候も、雛同士の並びもいまいちだった
皆さんの画像をみたら2日後が最高に良かったようだ

アオバズクを初見のころは、何か所もハシゴをしたものだが
最近は連チャンで出かける気力がないなぁ~
恒例のポーズ
e0156403_11262819.jpg

モコモコ感も少し少ない感じがする
e0156403_1128307.jpg
e0156403_11284042.jpg

親(父親?)は上の方で監視中でした
e0156403_11293841.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-07-21 11:31 | 鳥:フクロウ科

赤色型コノハズク


勿論、初見・初撮りです~

昨年の7月末、こっちの都合にあわせて立ち寄ってみたら
ちょうど1日違いで擦れ違いだった
前日には巣立ち雛を連れてギャラリーに大サービスし
そして、雛たちを連れて山奥へ移動したとのこと
野鳥が人様のスケジュールに合わせて行動してくれる訳がないわな

が、今回はあっけなくポイントに着くなり見られた
先着のカメラマンのレンズの方向をみて場所を確認
e0156403_5212852.jpg
e0156403_521376.jpg

昨年のリベンジ(?)が早々に果たせて満足♪
次のアカショウビンに心奪われてコノハズクはお終い!

[PR]
by massie2008 | 2012-07-15 05:28 | 鳥:フクロウ科

今季初見のアオバズク


これぞ旬の鳥アオバズク!!
巣立ち雛が2羽いるとの事だが、この位置から見えるのは1羽だけ
右側が雛だがどういう訳か産毛状のもこもこ感がないな
e0156403_584856.jpg

ママと並んで3羽見える位置に移動、左の雛は枝被り
e0156403_573919.jpg

パパは少し離れた位置で監視中?
e0156403_594369.jpg

撤収間際、左の雛が顔を見せて挨拶してくれたよう
e0156403_511578.jpg

巣立ち時期は周りの環境でコントロールするとか
厳しい自然の中で生き抜いていくための種の本能、素晴らしい!!

[PR]
by massie2008 | 2011-07-17 05:17 | 鳥:フクロウ科

またもアオバズク巣立ち雛

全く代わり映えしない題材ですが、先の巣立ち雛とは別のポイントに鳥友とご一緒させていただきました。巣立ち後3日目ということで、雛の揃い踏みが見られたらいいなと期待しておりました。
ポイントに着き、ワクワクしながら機材のセット。先人の皆さんのレンズの方向を見ると、何と3羽かたまっているではありませんか。よしよし、ラッキーと自分のレンズで覗いて見ると少々変です。変なはず、雛は一羽であとは両親でした。皆さんが話しているのを聞くと、この子は第一子らしい。
e0156403_9335049.jpg

この子が身体の向きを変えるたびに、正面から撮ろうとCマンがその方に移動します。そういう人の挙動を見ているのも面白い。雛はそれが分っていて、それをやっていたら尚更面白い。
そして、この子が第二子。
e0156403_9383964.jpg

更に、別の高い位置にいる第三子。(正確かどうか分りませんが、私には識別できません)
e0156403_9405321.jpg

別の角度から撮った第一子。後方に親鳥。フクロウ類特有の首を回す仕草がとても可愛いです。
e0156403_9464793.jpg

例のエンジェルポーズをしてくれたのですが、その時は私は反対側にいたので正面側からのポーズは撮れませんでした。残念無念!そうこうしているうちに小雨が降り出したので撤収しました。
一応これで今季のアオバズクの追っかけは打ち止めです。来季は是非雛の揃い踏み、それに両親が絡んでくれたら最高のショットをと夢見ておしまい。
[PR]
by massie2008 | 2009-07-21 09:54 | 鳥:フクロウ科

アオバズクの巣立ち雛

近畿地方の梅雨明けも近くなり、あちこちでアオバズクの雛が巣立ちしていますね。私も先般訪れた神社で“一昨日巣立ちしたよ”との情報を頂いて急遽駆けつけてみました。アオバズクの雛を見るのは勿論初めて。既に多くの人が一番低い枝に止まっている雛をモデルに撮影しています。中には携帯電話をかざしている人もいます。雛にとっては大迷惑なんでしょうね、きっと。
でも、このモコモコ感、産毛(といってよいのかな)がまだ一杯ついています。どうもこの雛は第三子らしく、やはりそれなりに幼いようです。
e0156403_442415.jpg

そして、先に巣立ったという兄弟は、随分高いところに止まっています。第三子とは少々違う羽毛のように見えます。
e0156403_446374.jpg

一枚目はノートリミング、二枚目はトリミングしてこの大きさですから、止まっている枝の位置関係がお分かり頂けると思います。
次に、肝心なのは母親の位置関係。中間点よりも上の兄弟に近いところに止まって、子供たちを見守っています。これが見えるポイントは、正にピンポイント。
e0156403_45348.jpg

父親はどうしているかというと、雛たちからは離れて孤独にしているようです。昼間は雛たちのケアーは母親に任せて、夕刻から餌捕りに励むのかな。
雛が可愛いので、もう一枚。顔にピンを合わせてみました。
e0156403_457080.jpg

さて、これから先雛三羽の揃い踏みはあるのでしょうか。いろいろ情報をウォッチしてみたいと思います。
[PR]
by massie2008 | 2009-07-19 04:59 | 鳥:フクロウ科

アオバズク

巣立ち雛が見られるかも知れないということで、さる神社を訪問してきました。巣立ちはまだ先のようでしたが、巣の外で両親が出迎えてくれました。まず、お父さんの方から。(地元でいつも観察されているバーダーさんに雌雄を教えて頂きました。)
e0156403_1315029.jpg

お母さんの方は巣のある洞が見える位置に止まっていて、始終監視しているようでした。昼間は眼を閉じて寝ているのかなと思っていましたが、時折面白いパフォーマンスを見せてくれます。
ふわっと膨らんだり
e0156403_13211511.jpg

頭をお腹にうずめたり
e0156403_13215482.jpg

南京玉すだれのように片方のつばさを伸ばしたり。この右脚の太くて逞しいこと、そして、鋭い鍵爪。やはり猛禽なんでよね。
e0156403_1323124.jpg

極めつけは、なんといってもこれでしょう。“M字型背伸び”とでも呼ばせていただきましょうか。
e0156403_1324335.jpg

尾羽が最大に開いたところです。
そして、玉虫が足元に飛んできたときの表情。
e0156403_13261783.jpg

玉虫が餌になってしまうのかなと見ていましたが、捕らえなかったです。真剣な眼をしていましたが。
[PR]
by massie2008 | 2009-07-15 13:37 | 鳥:フクロウ科

アオバズク

この鳥も初見・初撮り!
最初に見た位置では顔正面に枝が被っていて、なんとかならんかなあ~と。
e0156403_5522081.jpg

するとこのポイントを案内して下さった鳥友は、『こっちなら枝被り無しで撮れるよ』といとも簡単に立ち位置を探してくれました。感謝!!
e0156403_5565489.jpg

アオバズクの第一印象は思っていたほど大きくはなく、大きな丸い目が凸レンズ状に飛び出していて、なかなか可愛い鳥さんでした。
2時間ほど観察しましたがその間この位置から少しも動かず、目を開けたり閉じたり、首を回して警戒しているようでした。
[PR]
by massie2008 | 2009-06-14 06:07 | 鳥:フクロウ科