カテゴリ:鳥:クイナ科( 10 )

バンの親子


今年も5羽のヒナを引き連れたバンが見られた
e0156403_933234.jpg

5羽揃ったところはなかなか写せないが・・・
橋の上から、グーグルマップ風に
e0156403_95667.jpg
e0156403_951635.jpg

これから雛たちにはいろいろな苦難が待ち受けているだろうが
無事に生き抜いてほしいものだ

お盆も過ぎたがまだまだ残暑が厳しい
タカサゴユリも咲き始めて存在感を増している
e0156403_913683.jpg


[PR]
by massie2008 | 2012-08-16 09:14 | 鳥:クイナ科

バン幼鳥


とても可愛いバン幼鳥
親の助けを借りずに自分で餌取りしていました
e0156403_1949116.jpg


[PR]
by massie2008 | 2011-09-25 19:50 | 鳥:クイナ科

はじめてのヒクイナ

今度は間に合いました、ヒクイナの親子連れに!
この前のカルガモの親子行進には一日遅れで間に合いませんでしたが、ヒクイナ親子連れにやっと間に合いました。
正面の芦原から左側の芦原へ、4羽の雛を連れて悠々と。「引っ越しかな?」というギャラリーからの声が上がる中で。慌てていて雛一羽欠けていました。いずれも証拠写真ですが。
e0156403_19532189.jpg

やっと4羽揃いました。
e0156403_1956755.jpg

全員揃って渡れたかなと確認するかのような親鳥のしぐさ。
e0156403_19582597.jpg


で、引っ越しではなかったようで、また元の場所へ戻っていました。
はじめてのヒクイナ!赤い虹彩と足が印象的。何しろライファーですから・・・・・
e0156403_2005877.jpg

雛はバンやオオバンと同じように、褐色を帯びたクロスケのようです。
e0156403_2024243.jpg

[PR]
by massie2008 | 2010-06-30 20:05 | 鳥:クイナ科

オオバン、カイツブリ

探鳥会に参加してきました。
オオバンの雛がすっかり大きくなっていました。
e0156403_2135452.jpg

シロハラクイナと見間違うばかり!といってもシロハラクイナはまだ見たことない。
e0156403_2155337.jpg

カイツブリの浮き巣付近で寛ぐファミリー。
e0156403_218095.jpg

ところが別のカイツブリの浮き巣で、巣を離れた隙にカラスに卵を奪われるという事件があり、その騒ぎを聞きつけるとすぐに雛たちを背中に避難させました。リスク管理がしっかりできていますね。
e0156403_2111465.jpg

[PR]
by massie2008 | 2010-06-27 21:12 | 鳥:クイナ科

池に集まってきたオオバンの群れ

オジロトウネンを見に久し振りにいつもの池に行ってきました。オジロトウネンは偶然そこで出会った会長さんに教えて頂き、初見・初撮りできました。ただ、背景が泥でいまいちであったので、アップは控えます。
この池には既に相当数(千羽以上)のカモ達が入っていて、採餌したり寝ていたり、そしてトビが上空に出現すると慌てて集団で飛び立ったりと楽しめるポイントになっています。
また、驚いたのは恐らく200羽以上はいると思われるオオバンの群れ。どこから何のためここに集結したんでしょうね。今月末までにはこの池の水が抜かれてしまうのを知ってか知らずか。水が抜かれてしまったら、他のカモ達も一緒ですが一体どこに行くんでしょう。興味のあるところです。
e0156403_112282.jpg
e0156403_1125072.jpg

水面を駆けて飛び出しますが、飛ぶのは苦手のような飛び方ですね。
e0156403_114247.jpg

[PR]
by massie2008 | 2009-10-13 11:05 | 鳥:クイナ科

オオバン親子

昨日久米田池愛鳥会の探鳥会に参加してきました。 この池で多くの水鳥が繁殖していますが、今日はオオバンの親子が見られました。オオバンの雛を見るのは初めてでしたが、先に見たバンの雛とは少し違うようです。オオバンの親は額からクチバシにかけて白色なのに、雛のそれは赤いですね。一眼では遠過ぎてはっきりしませんが。
e0156403_1521784.jpg

親鳥に習って餌のとり方を学習しているように見られます。
e0156403_1544527.jpg

頑張れ、オオバンの雛ちゃん達。

そして、またバンの雛、まっくろクロスケがいました。本当に可愛いものですね。
e0156403_1594271.jpg

[PR]
by massie2008 | 2009-08-24 15:12 | 鳥:クイナ科

バンの幼鳥

久米田池愛鳥会の探鳥会に参加してきました。
そこでは孵化してから42~43日目のバン幼鳥に会いました。ご覧下さい、既にこんなに大きく立派になっています。とてもハンサムだと思います。(手前の枝がジャマですが)
e0156403_1924184.jpg

そして、あのまっくろくろすけのちっちゃな手が、こんなに立派なつばさになっています。バックがごみごみしているので小さな画像で。いつも観察されているバーダーさんによれば、最初6羽いた雛が今は5羽。ここでも自然の摂理を感じざるを得ません。
e0156403_19295686.jpg

[PR]
by massie2008 | 2009-07-26 19:31 | 鳥:クイナ科

ミズカンナの池のその後のバン

最初6羽孵化した雛が、この日は4羽に減っていました。雛の天敵、ヘビ、カラス、ヌートリア、・・・。自然の摂理とはいえ野生の動物が生き延びて行くには数多くの試練が待っています。
でも、雛たちはこんなに大きく成長していました。
e0156403_518471.jpg

e0156403_5183334.jpg

そして、バンにはそもそも水かきがないんですね。それなのに雛たちも上手に泳いで、親の後を追って行きます。私が最初に覚えた泳ぎ方が犬かき。バンは鳥かき(???)
e0156403_522736.jpg

それから、この池の住人カイツブリ。大きな魚を捕まえて飲み込むのに難儀していました。
e0156403_5253130.jpg

何度もくわえ直しては遂に彼(もしくは彼女)の胃袋へ。まだ首の辺りに魚があるかも。
e0156403_5273282.jpg

[PR]
by massie2008 | 2009-07-21 05:30 | 鳥:クイナ科

バンの雛、受難が続きます

先日行ったミズカンナの池で、バンの雛6羽が親鳥と一緒に行動しているのを見ました。最初は岩の上で休息している4羽の雛と親鳥です。
e0156403_2031611.jpg

次いで、給餌してもらっているところ。
e0156403_206374.jpg

しかし、雛たちにとって受難の時が続きます。
遊び場にしている岩に大きなヘビ(アオダイショウ?)が侵入したので、必死に威嚇する親鳥。
e0156403_2095767.jpg

雛を狙うミドリガメ。でも雛はカメに気付いて避難。正に危機一髪であった。危ない、危ない。
e0156403_20132063.jpg

そのほか、ヌートリアがうろうろしているし、カラスも飛び交っているし、リスクが一杯。
その日撤収するまでは、幸い6羽とも無事でした。その後も無事に生き抜いてくれることを願わずにはおれません。
[PR]
by massie2008 | 2009-07-12 20:19 | 鳥:クイナ科

バンの赤ちゃん

孵って2,3日だというバンの赤ちゃんをベテランバーダーさんに教えて頂き、撮影してきました。ガマの穂の林から出てくれて、丁度周遊道路からよく見えます。散歩中の親子連れも可愛いバンの赤ちゃんが見れてとても喜んでいました。
まずは赤ちゃんのアップを。頭頂部の羽毛が少なく、地肌が赤く見えています。そして、とても小さく全体の羽毛もモコモコとしていて、とても可愛いです!
e0156403_1875650.jpg

親鳥がガマの茎に飛びついて登っているので、一体何をしているのかと興味津々。するとガマの穂の部分(?何て言うのだろう)を嘴でつついて集め、赤ちゃんに与えていました。
e0156403_18162017.jpg

巣立ったばかりのバンの赤ちゃんは、ガマの穂の部分も食べるんだね。
それではそのガマの穂部分。黄色い粉末状に見えます。
e0156403_18224451.jpg


しばらくして親鳥が大きなアメリカザリガニを見つけると、急いで2羽の赤ちゃんが近寄ってきて、餌をねだっています。
e0156403_18253943.jpg

赤ちゃんのつばさにご注目。まだ羽毛が一部しか生えていないので、まるで手のように見えます。驚きです。
この子達の兄弟は5羽いましたが、4羽が集まって餌を貰っていました。こうやって見ると赤ちゃんたちの頭は、ハゲタカのそれみたいでユーモラスです。
e0156403_18312594.jpg

こんな可愛い赤ちゃんが真近で見れてとても幸せでした。元気で育つことを祈るのみです。
[PR]
by massie2008 | 2009-06-14 18:34 | 鳥:クイナ科